×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


【ケイとクレアのANN3】 359氏



ぴっぽ、ぴっぽ、ぽーん♪

ケイ「コラー、クレア!」
クレア「ハ、ハイ!なんでしょう!?」
ケイ「あれで、終わりなのか!」
クレア「アワワワ、そんなのアレに聞いてー!?」
ケイ「(ジロッ)」
(カンペ:あ、あの後続くんで勘弁してくださいorz)
クレア「すごい…睨み一発…」
ケイ「ハイ、そろそろいきましょうか!ケイ・ニムロッドと!」
クレア「クレア・ヒースローの!」
二人「オールナイト・ニッポン!」

ぱ〜ぱらっぱ、ぱっぱららっぱっぱら、ぱっぱららぱっぱら、ぱらっぱら、ぱら♪

クレア「で、今日のゲストは…」
ケイ「いません!」
クレア「エ〜!」
ケイ「大体、毎度毎度ゲストを呼んで時間稼ぎしようっていう魂胆がダメ!」
クレア「…と、言われましてもねえ…」
ケイ「たまには、アタシたち二人だけでなんとかするっ!」
(カンペ:いや、「あのSSのキャラのオフトーク」がテーマなんですけど…)
ケイ「んじゃ、アンタは誰かアテでもあるの!?」
クレア「マ、マ、ケイ、リラックス、リラックス」
ケイ「大体、アタシの出番が無いじゃない!」
クレア「あう〜、それを言われては…」
(カンペ:あのー、お二人さん?一応いるにはいるんですが…)
ケイ「ちょっと待て」
クレア「あ、マズイ!」
ケイ「SSだけでなく、コレもアタシは出番が減るってのかい!?冗談じゃない、ちょっと行くから待ってろ!」
クレア「あ〜あ、ありゃ死んだね…その間にお聞きください、キエるマキュウで『地図に無い街』どうぞ〜」


ラビニア「あら、クレア。ここで何をしているの?」
ノーラン「よっクレア。以下同文」
フレイ「あら、クレア?…ってもうクドイかな?」
クレア「あ…ひょっとして本日のゲストの皆さん?」
ノーラン「んーそうなるのかな?」
フレイ「アレに呼ばれた…ということはそうなのでしょう」
ラビニア「あら?アナタのお友達は?」
クレア「えー…多分体育館の裏にいるかと…」
ラビニア「変ねえ?体育館はこの辺にはなくてよ?」
クレア「こ、言葉のアヤです!」
ノーラン「まあ、"察せ"、ってことですな?」
フレイ「なら、そうしておきましょう」
クレア「で、お三方は同じ士官学校出身とのことですが?」
フレイ「ええ。あとニキとルナもね」
クレア「ぶっちゃけ、みなさんの学生時代ってどんなんだったのでしょう?」
ノーラン「そりゃまー、バカやったり…」
フレイ「それはアナタだけでしょう」
ラビニア「当たり前だけど、教育過程をこなしてね。それでオフには色々と…ね?」
クレア「この中で今と明らかに変わった人も?」
ラビニア「んー…フレイはあまり変わらなかったかしら?とことん真面目でね」
ノーラン「ニキもそうだったね…ってラビニアが一番変わってない?」
ラビニア「そうかしら?」
ノーラン「んー、もっとガサツっていうかさぁ…」
フレイ「言われてみれば…今は何と言うか、貫禄も出てますね」
ラビニア「…地位は人を作るモノよ」
クレア「…触れないでおきましょう」
ケイ「…クレアさん?」
クレア「…その声は…」
ケイ「結局、アタシはまた出番無しな訳だ…」
クレア「あ、それはーそのー」
ケイ「 問 答 無 用 !」
クレア「イヤー!その赤い右手は何、何なのー!あ、ヤメテユルシテゴメンナサイ…」
ラビニア「…どうやらMCがいなくなったみたいね…」
ノーラン「もう終わりにしておきましょうか?」
フレイ「それが良いでしょう…おや?なにか赤い紙が…」
(カンペ:次回、クレアの前に現れる二つの影!果たして三人は逃げ切れるのか!?『勘違いブラザース』おたのしm…)
ノーラン「…次回…予告?」
ラビニア「ま、いいでしょう。それでは、サ・ヨ・ナ・ラ!」