×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


【共に鼓動を聞く者たち】 343氏



デッキのハワードは次の指示をする。
「メガ粒子砲の準備をしろ!敵MSが回収され次第、攻撃する。射程を調整しておけ!」
デッキに緊張が走る。
「…敵MSが回収された直後ですか。容赦ないですね。」
ミリアムがつばを飲む。
ハワードは当然だと言わんばかりの表情で語る。
「月まで追いかけっこするつもりはない。それにMS隊だけ取り逃がして玉砕攻撃されたらかなわんからな。」
ブランドの額にじわりと汗がにじむ。
「発射準備完了です!」
続けざまにアヤカの報告が入る。
「アレックス、ハイザックの収容を完了しました。」
ハワードが気になることは敵のことだ。
「ガルバルディは?」
「まだ、宙空を。」
「ふむ…。」
「あくまでも収容してからですか?」
ミリアムの質問が飛ぶ。
「先ほどみたいに、母艦が潰されれば降服してくるのでは?」
ハワードは唸ると、アヤカにスタンを呼び出すように指示する。
「艦長?なんですか?」
スタンが呼びかけに応える。
「簡単な質問だ。今、母艦が沈められたらソニア・ヘインはどうすると思う?降るか?」
「いえ、死に物狂いで攻撃してきますぜ、あの女なら。姐さんは仲間思いで味方の命は大切にするが、自分が降ることはないっつー感じですかね。」
「…やはりな、そんな気がしたよ。オマエの元同僚という話と今の戦いを見てな。」
スタンは苦笑する。
「俺はソニアとはソロモンまで同じ隊でしたが、そんときに艦を落とされましてね。近くに他の味方の艦がなかったもんですから、こりゃまずいってことになったんですが、敵に降るって選択肢はなかったみたいで。無茶な特攻かけて、撃破されてますよ。そんときはグレッグも俺も止めたんですけどねぇ…。」
しみじみと思い出話をするスタンだが、今は心の底では安心していた。
新たなる仲間であるジュナス、クレア、ルロイ、ドクが全員無事なこと、
そしてかつての仲間、ソニアもグレッグも無事であることの二つの理由でだ。
だから、ハワードの次の言葉を聞いたとき、驚き、戸惑った。
「やはり、敵機がサラミスに戻った瞬間を狙ってメガ粒子砲だ。でなくば禍根を残す。」
顔をしかめながら同意するミリアム。
スタンが枯れた声で言う。
「…容赦ねぇですね、艦長。」

一方、ガルバルディのソニアは殺気が消えないことを懸念していた。
「各機、サラミスに収容します。」
フレイの通信に、ラナロウが舌打ちを打つ。
「俺はまだやれたぜ、くそ!」
「隊長の考えに同意できねぇのか?」
グレッグがラナロウを叱る。
「…うぜー、オヤジだぜ。」
ラナロウのつぶやきにソニアが少し笑った後、フレイの不服そうな声が入る。
「私も少し、以外です。少佐が敵を取り逃がすなんて。」
「やれやれ、あんたまでそんなことを言うのかい?」
ソニアはふざけた口調で言うが、アルビオンへの注意を向けたままだ。
「焦ることはないんだよ、今回は。ラナロウの実践訓練の相手にゃ丁度いいじゃないか。」
「なっ!ふざけんな!」
ラナロウがソニアに食って掛かるが、瞬間、ソニアの口調が真剣になる。
「…!何か、あるね。ラナロウ、グレッグはサラミスに戻りな。」
「え、少佐は?」
フレイの疑問にソニアが何事かつぶやく。

アルビオンのブリッジではタイミングを見計らっていた。
その時、巨大な隕石がサラミスのそばを通り過ぎ、一瞬視界から消える。
「…ちぃっ!」
ブランドの舌打ちの後、再び見えるサラミスの周りにガルバルディの機影はない。
「収容したか!メガ粒子砲、発射!」
ハワードの指示の直後、アヤカの悲鳴のような報告が入る。
「敵MS反応!そ、そんな!アルビオン右舷メガ粒子砲の砲身付近です!」
アルビオンのメガ粒子砲の近くにソニアのガルバルディがいた。
サラミスに近づいた隕石に隠れ、単独、回り込んだのだ。
「やっぱり、食えないやつらだね!簡単には打たせないよ!」
メガ粒子砲の砲身にビームを打ち込むソニア機!
「右の砲台のエネルギーを落として!」
「ダメです!間に合いません!」
ミリアムの指示にアヤカの悲鳴。
ブランドが歯噛みして、指示を仰ぐ。
「艦長、左だけでも撃ちますよ!」
ドウッ!
左の砲身からサラミスへ筒状の光が伸びてゆく!
瞬間、右舷が爆発を起こす!
「きゃあ!」
ミリアムが悲鳴を上げて倒れる。
ブリッジも大きく揺れ、オペレーター達は席にしがみつく。
「くっそぉぉお!」
ウッヒが気合一発、艦を立て直そうとする。
「死んでたまるかよぉお!」
なんとか、持ち直すアルビオン。
「報告を!」
ハワードの声が響く。

「ちっ!やるねぇ、アルビオン!」
ソニアはサラミスに視線を向ける。
「一本いっちまったかい!」
サラミスのダメージの大きさは見て分かる。
しかし、沈むことはなかったようだ。
「フレイ、もう少し上手くやって欲しかったが…、いや、よくやったほうかもねぇ…。」
素早く、自身もサラミスに戻る。

激しく揺れるサラミス艦でフレイは懸命に部下を叱咤する。
「落ち着け!メインの出力が落ちてないなら大丈夫だ!直ちに装甲に応急措置を!急いで!」
今だ、MSコクピッドの中のラナロウは苛立っている。
「くそっ!俺も一緒に行ってれば左右からの攻撃で、こんな目には遭わなかったのによぉ!」
グレッグはラナロウを馬鹿にする。
「アホが。単独だから気付かれなかったんだろうが。この程度で済んだのはさすが少佐ってところだ。」
ソニアのガルバルディがサラミスに戻る。
すぐさま、コクピッドから出て、ブリッジに向かう。
「グレッグ、ラナロウはそこで待機して、すぐ出れるようにしときな。」
素早く、移動するソニア。
ブリッジに着いても、慌ててるフレイは気付かない。
「派手に食らったねぇ…」
ソニアのつぶやきに、フレイが向き直り謝る。
「すいません…。」
ソニアは軽くフレイの肩を叩き、艦長席に座る。
「一度退くよ。」
「何処へですか?まさか…ジャブローに?」
フレイの言葉に笑うソニア。
「そんなわけないだろう。ルナ2だよ。」
「しかし、あそこから反逆者が出たんですよ。信用できません。」
フレイの言葉にソニアは考える。
「ルナ2全体が反逆者な訳ではない。むしろジャブローは神経質すぎるんだよ。なぜ、アルビオンは哨戒という隠れ蓑での脱出が必要だったのか。つまり殆どはエゥーゴの人間じゃないってことさ。」
フレイはうなづくが、さらに懸念することを話す。
「それでも、誰が裏切ってるのか分かりません。」
「…そうだね。それを調べるのも私たちの仕事になるだろうね。」
宇宙を睨むソニア。
アルビオンがMSを出す気配はない。
「グレッグ、ラナロウを休ませてやるか…。」
「少佐もお休みになっては?」
フレイの言葉にソニアは苦笑した。
「フレイ、アンタの方がよっぽど疲れて見えるよ。」